スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方

『BUFFALO RAMDISK ユーティリティー』
(対応OS:XP/Vista/7)

BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方6

製作者:
BUFFALO

ダウンロード:
BUFFALO

説明:
『BUFFALO RAMDISK ユーティリティー』はメモリのOSの管轄外領域や
管轄内領域を簡単にラムディスク化して高速なストレージ[記憶装置]とし
利用できるようにしてくれるソフトです。
OS起動前にラムディスクを作成し
使いきれていないメモリの領域を最大限利用できます。
またラムディスクを利用しSSDやHDDへの書き込みを
減らすことで負担軽減になります。

使い方:
BUFFALO

おススメの設定等:
■ログファイルの肥大化を防止
デフォルトでは大量のログファイルを作ってしまいます。
なのでログファイルが肥大化しないよう設定し直しましょう。
※インストール直後に再起動せずに行うことをおススメします
※ログファイルへの書き込みを止めても正常に使えるようです
まず「BUFFALO RAMDISK トレイ ユーティリティ」(BRDUtilTray.exe)
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方7
と「BUFFALO RAMDISK ユーティリティ」(BRDUtil.exe)
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方6
を終了させておきます。
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方1
「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」
→「メモ帳」で右クリック→「管理者として実行」
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方2
「ユーザーアカウント制御」が出るので「はい」をクリック
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方3
管理者として実行したメモ帳で「BRDUtil.ini」を開きます。
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方4
通常は「C:\Program Files\BUFFALO\BFRD4G」にあります。
このとき「すべてのファイル」を選択しておかないと
iniファイルが表示されないので気を付けて下さい。
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方5
ファイルを開いたら「Level=」の右の数字を「0」に変更し上書き保存する。
「BRDUtilTray.ini」も同様に上書きして下さい。

他にも方法があるようです(板尾のさぎょーじょー参照)

■PC起動時に「BUFFALO RAMDISK トレイ ユーティリティ」と「BUFFALO RAMDISK ユーティリティ」が起動しないようにする
※これらが起動しなくてもラムディスクは作成され正常に使えます
「システム構成ユーティリティ」を起動します。
「スタート」ボタンをクリック
WindowsXPの場合
→「ファイル名を指定して実行」をクリック
→「名前」欄に『msconfig』と入力→「OK」
Windows7の場合
→「プログラムとファイルの検索」で「システム構成」を検索
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方9
「システム構成ユーティリティ」を起動したら「スタートアップ」タブをクリック
→「BUFFALO RAMDISK UTILITY」二つのチェックを外し「OK」

■ブラウザのキャッシュ置き場として利用する
「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」
→「BUFFALO」→「BUFFALO RAMDISK」
「BUFFALO RAMDISK ユーティリティ」(BRDUtil.exe)を開き
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方6
「詳細設定」をクリック
「簡単設定」内の「Internet Explorerのキャッシュとして使う」
と「Firefoxのキャッシュとして使う」にチェックを入れる→「OK」

■アンインストール方法
問題なくアンインストールするにはラムディスクを解除してからアンインストールする必要があります。
「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」
→「BUFFALO」→「BUFFALO RAMDISK」
「BUFFALO RAMDISK ユーティリティ」(BRDUtil.exe)を開き
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方6
「詳細設定」をクリック
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー 使い方8
「RAMDISKを使用しない」を選択して「OK」
あとは「BUFFALO RAMDISK アンインストーラ」でアンインストールします。

■Wordを開くと「作業ファイルを作成できません。環境TEMPの設定を確認してください。」と出る
Windows Updateを行った後にこの症状が出たので
Windows Updateで設定が外れた可能性があります。

「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」
→「BUFFALO」→「BUFFALO RAMDISK」
「BUFFALO RAMDISK ユーティリティ」(BRDUtil.exe)を開き
「詳細設定」をクリック→何も変更せず「OK」

私はこれで直りました。
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

Secre

プロフィール

えぬぽん

Author:えぬぽん
えぬぽんの道具箱へ
ようこそ。
このサイトはお勧めの
フリーソフトを紹介する
サイトです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。