スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC操作の基礎知識

■ひらがな打ちとローマ字打ちの切り替え
「Alt」キーを押したまま「カタカナひらがな」キーを押すと切り替えができます。

■インストールなどでよく見る文字列の意味
PCにソフトをインストールしたことのある人なら必ず一度は見たことがあるだろう
「C:\Program Files\」の文字列。
よくインストール先フォルダの指定などで目にする。

この意味するところは
「C:\」は「マイコンピューターのCドライブの中の」ということである。
それに続く
「Program Files\」は「マイコンピューターのCドライブの中の」「Program Filesというフォルダの中」ということである。

■基本的なアンインストールの方法
※必ず削除するソフトは終了させてからアンインストールを始めて下さい。
デスクトップ下の「スタート」ボタンを押し「コントロールパネル」を開く。
「プログラムの追加と削除」を開く。
そうすると現在インストールされているソフトの一覧が出てくるので削除したいソフトを選んで右の「削除」を押す。
あとは出てくる指示に従ってアンインストールを完了させる。

■『CCleaner』を使ったアンインストールの方法(こちらの方が早い)
※必ず削除するソフトは終了させてからアンインストールを始めて下さい。
「スタート」→「すべてのプログラム」→「CCleaner」→「CCleaner」を起動→左の「ツール」を押す
→「インストール情報」→アンインストールしたいソフトを選択→「アンインストール」

■ソフトが動かなくなってしまったときのソフトの強制終了の方法
『タスクマネージャ』を利用します。
タスクマネージャは「Ctrl」キーと「Sift」キーと「Esc」キー
(「Ctrl」キーと「Alt」キーと「Del」キーでも可)を一緒に押すことで起動できます。

タスクマネージャ

起動すると今立ち上げているソフトが「アプリケーション」タブに表示されているはずです。
強制終了させたいソフトにカーソルを合わせクリックして選択し、「タスクの終了」ボタンを押します。
そうするとソフトは強制終了されます。
なお、ソフトによっては「アプリケーション」タブに表示されないものもあります。
その場合は「プロセス」タブからそのソフトのイメージ名を探し「プロセスの終了」をすることで強制終了できます。

■隠しファイル・拡張子・保護されたオペレーションシステムファイルを表示する
フォルダを開くと上にツールバーが表示されているかと思います。
「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」タブ
・隠しファイルを表示させる
→「ファイルとフォルダの表示」で「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択→「適用」ボタン
・拡張子を表示させる
→「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す→「適用」ボタン
・保護されたオペレーションシステムファイルを表示する
→「保護されたオペレーションシステムファイルを表示しない」のチェックを外す
※Windows7の場合
フォルダを開くと左上に「整理▼」があるので「フォルダーと検索のオプション」→「表示」タブ
あとは上記と同様にする。

■ユーザーアカウント制御(UAC)を解除(無効化)する
※Windows7の場合
アプリケーションを立ち上げる度に出てくるのが邪魔という方は切っても大丈夫です。
ただし解除しない方がセキュリティーは高くなります。
「スタート」ボタンをクリック→「コントロール パネル」をクリック
→「ユーザー アカウントと家族のための安全設定」をクリック
→「ユーザーアカウント」 をクリック
→「ユーザーアカウント制御設定の変更」をクリック
→左のつまみを「通知しない」まで動かし「OK」をクリック
→「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」
と出るので「はい」をクリック

■『Internet Explorer』の一時ファイル表示
「ツール」→「インターネットオプション」
→「閲覧の履歴」内「設定」→「ファイルの表示」
※Windows7の場合
『Internet Explorer』で右クリックし
 「管理者として実行」で開けば全ての一時ファイルが表示されます

■OS起動時に自動起動されるアプリケーションを停止する
「スタート」ボタンをクリック
WindowsXPの場合
→「ファイル名を指定して実行」をクリック→「名前」欄に『msconfig』と入力→「OK」
※Windows7の場合
→「プログラムとファイルの検索」で「システム構成」を検索
「システム構成ユーティリティ」を起動したら「スタートアップ」タブをクリック
→自動起動させたくないソフトのチェックを外す→「OK」

■デスクトップの画面が表示されない場合の対処方法
explorer.exeが起動していないことが考えられます。
上記『タスクマネージャ』を起動→「アプリケーション」タブ
→右下の[新しいタスク]をクリック→名前の所に「C:\WINDOWS\explorer.exe」と入力し「OK」

■ブルーバック[不具合がおき背景が青い画面がでること]が起きる場合の対処方法
原因として考えられるのは以下のものがあります。

・BIOS・ドライバ[ハードウェアの説明書]の不具合
私が何度も経験したのがこのBIOS・ドライバの不具合です。
最新のBIOS・ドライバをダウンロードし
インストールすることで解決します。
メーカー製のPCの場合各メーカーがサポートページにて
基本的に最新のものを公開しています。
サポート期間が切れているのか
たまに最新ではないことがあります。
その場合は各デバイス[コンピュータ内部の装置]
のメーカー(インテルAMDなど)からドライバをダウンロードして下さい。

・ハードウェア(HDD等)の不具合・物理的破損
多くの場合ハードウェアの交換が必要です。
よるある原因としてHDDに不良セクタが発生していることが考えられます。
その場合以下の解決方法で時間がかかりますが回復する可能性があります。

1.ソフトを利用し不良セクタがあるかの確認をする
『HDD SCAN』

2.チェックディスクを行う(Windows標準実装)
※電源を接続した状態で使用して下さい。
※不良セクタを代替処理する(代替セクタに置き換える)もので不良セクタ自体はなくなりません。
「スタート」ボタン→「マイコンピュータ」
→スキャンするハードディスクを選択し右クリック
→「プロパティ」→「ツール」タブ→「エラーチェック」
→「チェックする」→全てにチェックを入れ「開始」

3.ソフトを利用し修復する
※電源を接続した状態で使用して下さい。
※ソフトの力で不良セクタ自体を無理やり修復するようです(修復できてもすぐ不良セクタに戻る可能性もある)。
※長時間HDDにアクセスするため温度が上昇しこれが逆にHDDや他のハードウェアに止めを刺すことになる可能性もあります。
『HDAT2』
『HDD Regenerator』(※無料版は一ヶ所ずつしか修復できない)

以上の方法で修復できたとしても一時的な延命措置ですので
外付けHDDなどにファイルのバックアップをし
HDDの交換の準備をしておくことをおススメします。

・OSの不具合(システムファイルの破損)
再インストールがもっとも有効です。

トップページへ
スポンサーサイト

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

えぬぽん

Author:えぬぽん
えぬぽんの道具箱へ
ようこそ。
このサイトはお勧めの
フリーソフトを紹介する
サイトです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。