スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC高速化ソフト

きっと男なら誰もがやりたくなるのではないでしょうか?
正直私は高速化やカスタマイズと聞くと心躍ります。

●Windows高速化ソフト
Comfortable PC
(対応OS:2000/XP/Vista/7)

●ごみファイル・レジストリ[Windowsの基本情報やソフトウェアの拡張情報などが保存されるデータベース]削除ソフト
CCleaner
(対応OS:98/ME/2000/XP/Vista/7)

●デフラグ[ファイルを整頓して隙間を縮める]
ディスク デフラグ
(対応OS:Windows)
 ・速さと精度を求めるなら
 『Defraggler
 (対応OS:2000/XP/Vista/7)
 ※SSDを利用されている方にはこちらをおススメします。

●レジストリ整頓ソフト
NTREGOPT』(英語)
(対応OS:NT/2000/2003/XP/Vista/7)
 ※Windows Vista/7利用者には『Eusing Free Registry Defrag』をおススメします。

●ブラウザ[インターネット上のページを表示する]
Mozilla Firefox
(対応OS:2000/XP/2003/Vista/7)
 バージョン4.0での
 長所:ページ表示が正確・拡張を入れても省メモリ
    拡張性高い・動画再生に強い・他のソフトとの連携がし易い
 短所:起動・ページ表示が少し遅い・たまにクラッシュする
 総合して見るとこれがおススメです(あくまで主観です)。

  ・拡張性と速さを追求するなら
  (高スペックPC向け・拡張をあまり入れなければ低スペックPC向け)
  『Google Chrome
  (対応OS:XP/Vista/7)
   バージョン10.0での
   長所:拡張しなければ省メモリ・拡張性がある
      ・起動が速い・ページ表示が速い
   短所:一部文字化けする(IE Tabで回避可)
      ・拡張すると重い・拡張しないと機能が少ない

  ・拡張の煩雑さ回避、軽さと速さを追求するなら
  『Opera
  (対応OS:XP/Vista/7)
   バージョン11.01での
   長所:省メモリ・起動が速い・ページ表示が速い
      ・最初から多機能・テキスト表示に強い
   短所:一部表示がズレる・拡張が少ない

※ブラウザ比較(2011年3月29日現在)-私の使用感(デフォルト時)
 省メモリ:IE9≧Opera11.01>Chrome10.0>Firefox4.0
 起動速度:Chrome10.0≧IE9>Opera11.01>Firefox4.0
 表示速度:Chrome10.0≧IE9>Opera11.01>Firefox4.0
 カスタマイズ:Firefox4.0≧Chrome10.0>Opera11.01>IE9
 対応サイト数:IE9>Firefox4.0>Opera11.01>Chrome10.0
※一部の埋め込み型動画が表示されない問題は改善されたようです。

プロパティーによる高速化(最も安全にできる高速化ですがデザインが標準よりシンプルになってしまいます。)

デスクトップのアイコンを減らして起動を速める

おススメの省エネ設定

ショートカットキーを覚えて作業効率を上げる(マウスがないときに便利)

●ランチャー[ソフトを登録してワンクリックですぐに起動できるようにする]
RocketDock
(対応OS:2000/XP/Vista/7)
操作性を上げるものでメモリーへの負担は大きくなります

トップページへ
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

Comfortable PC 使い方

『Comfortable PC』
(対応OS:2000/XP/Vista/7)

Comfortable PC

製作者:
佐藤 悠
ダウンロード:
Vector
使い方:
PC-ZERO

説明:
Comfortable PCはレジストリなどを操作しWindowsを高速化してくれるソフトです。
高速化って言ったって何すりゃいいのさ?
そんなあなたにこのソフト。
全て自動で設定してくれます。

おススメの設定等:
※最初の起動で「Backup」フォルダに保存される「FirstRun」は必ず保存しておきましょう。

・Auto Analysisを利用
Comfortable PCを起動→上の「ツール」メニュー→「Auto Analysisを開始」
→「診断対象カテゴリ(全般)」に全てチェックを入れる
→「診断レベル設定」を「セキュア」にする→「実行」
→項目を確認し問題なければ右下の「適用」ボタンを押す
※CD・DVDを自動実行して欲しい場合は「デバイスの自動実行無効化」のチェックは外しましょう。

・MTU/RWIN 最適値測定ツールを利用(回線毎に設定が必要)
Comfortable PCを起動→上の「ツール」メニュー
→「MTU/RWIN 最適値測定ツール」
→「測定先サーバー」でよく利用するサイトや、契約しているプロパイダのWEBサーバーを指定
→「回線帯域幅」で利用している回線速度を選択→「測定開始」→「適用」
よく測定結果が変化するので何度か試して2度出た数値が良いかもしれません。
Auto Analysisでチェックを入れ実行する方法もある

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

CCleaner 使い方

『CCleaner』
(対応OS:98/ME/2000/XP/Vista/7)

CCleaner

製作者:
Piriform
ダウンロード:
Piriform
インストール方法:
フリーソフト100

説明:
CCleanerはごみファイル・レジストリ[Windowsの基本情報やソフトウェアの拡張情報などが保存されるデータベース]削除ソフトです。
ただあなたはインターネットサーフィン[ページを見て回る]しているだけ。
しかし知らないうちにごみはどんどんたまっているのです。
またインストールなどをすると不要なレジストリが出てきます。
それが積み重なると不具合の原因に…
そんなものボタン一つでさっさと安全に削除してしまいましょう。
また商用利用が可能です。

おススメの設定等:
・クリーナーでのゴミファイルの掃除
左の「クリーナー」ボタン→「クリーンアップの開始」
※デフォルト(初期)設定のままでは「クッキー」や「入力したアドレスやパスなど」も消える設定となっています。
毎回入力するのが面倒な方や消して良いかわからない方はチェックを外しましょう。

・レジストリの掃除
左の「レジストリ」ボタン→「問題点をスキャン」→「問題点を解決」→
「レジストリに変更を加える前にバックアップしますか?」で「はい」
→任意の場所に保存→「選択した全てを解決」
私の場合はバックアップをとらず全てを解決してしまいます。

ツールでアプリケーションのアンインストール

・ツールでスタートアップ(PCを起動したとき起動するプログラム)の起動を無効にする
左の「ツール」ボタン→「スタートアップ」→無効にしたいものを選択し「無効」

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

NTREGOPT 使い方

『NTREGOPT』(英語)
(対応OS:NT/2000/2003/XP/Vista/7)

NTREGOPT

製作者:
Lars Hederer

ダウンロード:
ERUNT and NTREGOPT
インストール方法:
Enjoy PC Life

説明:
NTREGOPTはレジストリを整頓してくれるソフトです。
レジストリはPCを使っているうちに肥大化するらしいです。
このソフトを使えばそれを縮めてスッキリできるわけです。

おススメの設定等:
■使い方
ソフトを起動したら「OK」をクリックするだけです。
※デフラグ中は他の作業をしないことをおススメします

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

ディスク デフラグ 使い方

『ディスク デフラグ』(Windows標準)
(対応:Windows)

ディスク デフラグ

製作者:
マイクロソフト

説明:
ハードディスクのプロパティにある『最適化』です。
ファイルというのは断片化(データがバラバラに配置)していると
その隙間のせいでやり取りが遅くなってしまいます。
あれ?最近PCの動きが鈍いなと思うようになったときにすればいいでしょう。

おススメの設定等:
※SSDの場合書き換え回数に限度(寿命)があるのでやり過ぎには注意してください。
※Windows標準の『ディスク デフラグ』ではデフラグが必要か判断してくれます。

「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」
→「システム ツール」→『ディスク デフラグ』
→デフラグしたいHDDを選択→「分析」ボタン
→最適化するのであれば「最適化」ボタン

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

えぬぽん

Author:えぬぽん
えぬぽんの道具箱へ
ようこそ。
このサイトはお勧めの
フリーソフトを紹介する
サイトです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。